マンション 売却 ローン

住宅ローン返済中でも、マンションを売却するには?

購入したマンション。
まだ住宅ローン返済中だけど売却したい。

 

たとえば、

  • もっといいマンションや一戸建てがみつかった。
  • 結婚や離婚、子どもの独立などで家族構成が変わった。
  • 親御さんの介護のため、住み替えを決めた。
  • ローンの返済が厳しくなってしまった。

 

家と家族

 

など様々な事情で、ローンの返済が残っているマンションを売りたい。
そういう状況も多々あると思われます。

 

こういう場合、まず気になるのが、

 

「ローンが残っているマンションを売ることはできるの?」

 

ということではないでしょうか。

 

さっそくお答えしますと、ローンが残っているマンションを売ることはできません。
なぜなら、「抵当権」と呼ばれる担保設定が残っているからです。

 

マンションを扱う不動産マン

 

ただし、売却したいマンションの査定額がローンの残高を上回る場合、売却することができます。
または、マンションの売却額だけでは足りないという場合でも、自己資金を追加することでローンの返済が見込める場合、売却することができます。

 

簡単な例を見てみましょう。

 

@たとえば、住宅ローンが1500万円残っている場合。
あなたが売却したいマンションの査定額が2000万円だったら・・・
そのマンションを売ることで、ローンを全額返済できますよね?

 

この場合、「ローンの返済」と「マンションの売却」が同時に済みますので、問題なくお持ちのマンションを売却することができます。

 

ただ注意していただきたいのが、見込んでいるのはあくまでも「査定額」であるということ。
実際に売却した際には、「査定額」よりも低い金額である可能性もあるということは頭に置いておきましょう。
その場合足りない費用はどうするか、リスクに備えた計画をたててください。

 

マンション売却

 

次に、

 

A同じくいま残っている住宅ローンが1500万円だった場合。
あなたが売却したいマンションの査定額が1000万円だったら・・・
500万円足りないですよね?

 

この不足分を預貯金やご家族からの援助などの自己資金でまかなうことができれば、お持ちのマンションを売却することができます。
もし貯金や援助で自己資金を用意することは難しい…という方も、「買い換えローン」などを新たに組むという方法もあります。

 

また、たとえば、病気などで働けなくなってしまい、月々数万円の返済も難しい・・・
という場合などは自己破産なども視野に入れる必要がありますので、一度専門家に相談されることをおすすめします。

ポイントは、必ず複数の業者に査定してもらうこと!

住宅ローンが残っているマンションを売却する際にいちばん大切なのは何だと思われますか?

 

ここまで読んでいただいた方はもうお気づきかもしれませんが、

 

★1円でも高く売る

 

ということも大切ですが、

 

★査定額と実際の売却額にあまり開きが出ない

 

このことも同じくらい、あるいはそれ以上に重要だということをご理解いただけたのではないかと思います。

 

査定額と実際の売却額に大きく開きがあると、計画していた費用だけでは足りないというリスクを生じやすくなりますよね。

 

進んでいた売却の話が土壇場で暗礁に・・・
そんな事態に陥ることがないように、必ずしていただきたいことは何かというと、

 

「複数の業者に査定してもらうこと」なんです。

 

複数業者での査定

 

ひとつの不動産業者の査定結果だけでは、査定額の根拠や妥当性がシロウトにはわかりません。
顧客を増やしたいがために、わざと妥当な査定額よりも高い金額を提示して、契約を取ろうとする業者も中にはいるといいます。

 

複数の業者に査定してもらうためにおすすめなのが、こちらの<マンション一括査定サービス>。

 

東急リバブルやセンチュリー21といった大手から、地域密着型の不動産業者まで、まとめて物件の査定を依頼できるというサービスで、
あなたは、各社からメールなどで届く査定額を比較して、一番信頼できると判断した業者に今回の重要なマンションの売却を任せることができます。

 

握手

 

こちらの一括査定は利用者にうれしい完全無料。
一括査定サービスの中では最大手、利用者も150万人突破と絶大な人気を誇っているサービスですので、本当におすすめします。

 

尚、一括査定を依頼したからといって、必ずどこかの業者と契約しなければならないということはありませんのでご安心ください。
一日でも早く売却したいいう人はもちろん、長期的に売却をお考えで、いまなんとなく査定額を知っておきたいという方でも大丈夫です。
お気軽に利用してみてください。

 

このページは以下のサイトを参考に作成しています。
参考文献:http://www.マンション売却ローン.com/

マンション売却のポイントは?

マンションをよりよい条件で売却するポイントはいくつかありますが、
不動産業者の方にうかがうと、最も重要なのは

 

「売りに出してから、1ヶ月が勝負!」

 

ビジネスマン

 

なのだそうです。

 

不動産業者は物件の情報をホームページに掲載したり、新聞の折り込みチラシやポスティングのチラシに掲載したり、
マンションを購入したいという顧客などに紹介をしたり、売却の営業活動を開始します。

 

こんなマンションが売りに出されますよ、という告知を見て、マンション購入に興味のある方から問い合わせが入ります。
そういう購入意欲の高い方と、金額面でも折り合いがつき、1ヶ月以内に契約に至れば最も理想的な売却パターン。
その後はやはり成約率は徐々に下がっていく傾向にあるそうです。

 

棒グラフ

 

ということでとにかく、「1ヶ月が勝負!」ではありますが、とはいえ、やはり物件は「ご縁」というものも大きいですよね。
ですので、たとえその期間内に売れなくても、販売計画や売却価格の見直しなどを経て、販売開始より10週間程度で成約までに至ることが理想とされています。
それを過ぎると超・長期戦に入ってしまいます。
どれだけ時間がかかっても希望の価格で売りたい、値下げしたくない!という方にはそれでもよいのでしょうが、急いで売りたい、という方にはつらいですよね。

 

つまり、その業者がどのような営業活動をしてくれるのかを確認することが、業者選びの重要なポイントです。

 

打ち合わせ

 

マンションの一括査定をした際に、査定額がいちばん高い業者を選びたくなる気持ちはよくわかりますが、実際に売却できなければ意味がありません。
しっかりとした基準で査定を行ってくれる業者、そしてきちんとした営業活動をしてくれる業者を見極めることが大切です。

 

マンションを売却するあなたも、また、そのマンションを購入してくれる方も、どちらも幸せにしてくれる業者さんに出会えることを願っています。

 

 

 

ページのトップへ戻る